いまきみがきみであることを / 白井明大 , カシワイ
new
5ff966d572eb465f57a6e7bf

いまきみがきみであることを / 白井明大 , カシワイ

残り2点

¥2,420 税込

送料についてはこちら

著者 : 白井明大 イラスト:カシワイ 出版社:書肆侃侃房 単行本 : 208ページ 発行年月:2020/12/21 今一番伝えたいことを伝えるための長い手紙 詩人 白井明大のことばとカシワイの画によって表現された、誰かにそっと贈りたい愛のメッセージが1冊に どこにいても 探してしまう 心に焼きついている姿を いつも いま そばで ここで 見ていたいと ほんの数日 会えない空白に 風かなにか吹きぬけるたびに 白井明大(しらい・あけひろ) 詩人。二〇〇四年『心を縫う』でデビュー。詩集に『くさまくら』、『歌』、『島ぬ恋』、『生きようと生きるほうへ』(丸山豊賞)。ほか『希望はいつも当たり前の言葉で語られる』など著書多数。近刊に『三十三センチの時間』。 画 カシワイ 漫画家、イラストレーター。主な仕事に、『107号室通信』、『光と窓』(共にリイド社)、『眠れない夜にあなたと話したい10のこと』(大和書房)、『ナニュークたちの星座』(イラスト担当、アリス館)等。